ブリザードフラワー アートフラワー ドライフラワー

ブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)アートフラワー・ドライフラワーの特徴

ブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)・アートフラワー・ドライフラワーと生花以外のお花の種類、呼び名は沢山ありますが、ここではそれぞれの違いを解説したいと思います。

 

 

ブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)は当サイトでも説明していますが、特殊な溶液(保存液と着色料)に漬け込んで乾燥させたもので、元は生の花を加工したものです。
質感は生花のように質感があり、香りがあるものもあります。

 

 

アートフラワーとは、主に造花の事をさします。

 

造花ですので、生花では無く、ワイヤーや布・樹脂等を使用して作られたものが一般的になります。

 

 

ドライフラワーは生花を乾燥させたものですので、質感は無く、乾燥しているだけですので、プリザーブドフラワー程日持ちもしないとされています。
水分がありませんので、手触りもカサカサしています。

 

 

ザックリ分けるとこういう感じに分類されています。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので、シーンに合わせて選ぶと良いと思います。

 

⇒おすすめのプリザーブドフラワーショップはこちら!

 

 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】