ドライフラワー ブリザードフラワー 保存方法

ドライフラワーとブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)の保存ではどちらが良い?

生花を保存する時に考えられる方法として、ドライフラワーにするかブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)にするかどちらがいいか迷ってしまう事があるかと思います。

 

 

保存という事に関してはどちらも同じですが、仕上がりは全く変わってくるので、どういう風な形で残したいのかを考え決めると良いと思います。

 

 

より植物のもつ感じを残したい、生花の質感を大事にしたいという場合はブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)がおすすめです。

 

また、着色も自在に出来る為、好みのカラー等がある場合もこちらが良いとおもます。

 

 

ドライフラワーの場合は、そのままシリカゲル等を入れれば簡単に作る事ができますので、まるごと残したいという事ならこちらもおすすめです。

 

とは言ってもドライフラワーは生花という感じでは無く、枯れた花という質感になりますので、後は好みで選ぶと良いと思います。

 

 

大好きな花をよりイメージに合った形で残せるようにしましょう。

 

⇒おすすめのプリザーブドフラワーショップはこちら!

 

 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】