プリザーブドフラワー 生花 プレゼントに送るならどっちが良い?

プリザーブドフラワーと生花をプレゼントに送るならどっちが良い?

結婚や恋愛や様々なイベント・記念日に花を贈るという事は誰でも一度は経験がある事なのではないかなと思います。

 

そこで、最近ではプリザーブドフラワー(ブリザードフラワー)ショップも充実して来ていますから、生花がいいのかな?それともブリザードフラワーがいいのかな?と迷ってしまうシーンもあると思います。

 

この、生花か?プリザーブドフラワーか?プレゼントにはどちらが良いのかというものは、正直甲乙つけがたい所ではあります。

 

その理由として、見た目は同じように見えますが、花は枯れますし、プリザーブドフラワーは枯れません。

 

生花と造花やドライフラワーが別物だと言う事と同じように、これらの二つも別物だという事が出来ると思いますので、生花が好きな人には生花を、プリザーブドフラワーが好きな人にはプリザをという風にするのが一番だと思います。

 

この事は手入れの方法等から考えても、水をあげる、生花にする・ガラスに入れて飾ると、違っているからという風にも考える事が出来ます。

 

基本的に、生花が好きな方は、生き生きとした花の生きている感じが好きという方が多いので、そういう方はプリザーブドフラワーよりも生花が喜ぶと思います。

 

しかし、枯れた姿はかわいそうだったりもしますので、そういう事が無いのがプリザーブドフラワーの良い所だったりもします。

 

あげる方は、枯れて捨てられてしまうという心配もありませんので、あげやすいという特徴もあります。

 

 

結婚記念日のプレゼントの例ですが、どちらもあげたいので、生花の花束と、ちょっとしたプリザーブドフラワーを飾り用に贈ったという方も居るようです。

 

プリザーブドフラワーは、神秘的な美しさがあり、また、枯れない不思議な花として、知らない人も居ますので、そういう方にはサプライズとしても喜んで貰えると思います。

 

 

数年間と長く残るものですので、インテリアに近いものとして考える事も出来ると思います。

 

 

プレゼントの際には、このような違いを考えつつどちらが良いのか選ぶようにすると良いと思います。


 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】