プリザーブドフラワー コサージュ どれくらい日持ちする 疑問

プリザーブドフラワーのコサージュはどれくらい日持ちするの?という疑問

卒業式・入園入学式・結婚式などの式典に、プリザーブドフラワーコサージュを利用するという方も最近では多くなって来ています。

 

プリザーブドフラワー(ブリザードフラワー)自体まだまだ認知されているものではありませんので、コサージュがあるという事は知らない人も多いと思います。

 

 

コサージュと言えば、造花で作られているというものというのがかつての常識だったのではないでしょうか。

 

プリザーブドフラワーのコサージュは、丁度造花と生花の中間という感じになりますので、造花よりも本物っぽくリアルで、生花のように傷まないというメリットを兼ね備え、とても魅力的な存在として人気を集めています。

 

そんなプリザーブドフラワーのコサージュですが、気になるのはその耐久性だと思います。

 

この事については、ブリザードフラワー(プリザーブドフラワー)はどれくらいの期間持つのかでも触れましたが、特殊な保存溶液に付けられて加工されていますので、花自体は長持ちします。

 

しかし、造花やアートフラワー(アーティフィシャルフラワー・シルクフラワー)などとは違い、元は本物の花という事がありますので、繊細で外部からの衝撃等にはあまり強くはありません。

 

ぶつけたりこすったりすると、花と同様に花弁が折れたり欠けたりしてしまいます。

 

 

プリザーブドコサージュの耐久性については、製作者の腕による部分もありますが、使用頻度や用途によってはすぐに壊れてしまうという場合もあります。

 

このあたりは、どういう目的で使用するかにもよりますが、人とぶつかりそうな混雑するシーンが多いのであれば気をつけておいた方が良いでしょう。

 

 

初期の状態が良いもので、丁寧に使用して、置物のプリザ同様良い環境条件で保存するようにすると長く使う事も可能です。

 

 

気をつけるポイントとしては、人ごみは避ける・あまり激しい動きはしないなど、気を遣うようにすると良いと思います。

 

利用者に意見を聞いてみると、高価なコサージュをつけて人にぶつかってしまい1日で壊してショックでした…という経験をされた方も中にはいるようですので、取り扱い時には注意するようにしましょう。

 

 

また、どうしても痛めてしまいそうだという場合は、あえて安価なものを選ぶようにするという対策を取っても良いと思います。

 

どのようなものか試しに使ってみる事で、プリザーブドコサージュを知るきっかけにもなりますし、コサージュであればプリザをより身近に感じる事も出来ると思います。

 

 

⇒プリザーブドフラワーコサージュAmazon一覧


 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】