結婚式 招待 プリザーブドフラワー コサージュ

結婚式の招待時プリザーブドフラワーのコサージュをつけるのはあり?

結婚式のゲスト・参列者として招待された場で、コサージュを利用したいと考え、生花かプリザーブドフラワーか造花のコサージュどれが良いのか迷ってしまうというシーンもあるのではないかなと思います。

 

 

この事に関してなのですが、基本的に自分の結婚式や自分が主役・メインでは無い場でコサージュなどの花の装飾をつけて行く行為は非常識とされている為、どれもよろしくありません。

 

結婚式の主役は花婿・花嫁です。

 

 

この理由としては、花嫁のアクセサリー・ブーケや衣装などにも装花が沢山使われています。

 

 

このような場ですので、ゲストが綺麗な花の装飾をして行く行為は非常識・マナー違反・好ましくない・ふさわしくないと考えるのが一般常識です。

 

 

こういうマナー・しきたりについては、結婚式が初めてだったり、若い世代は知らないという事もあると思いますが、結婚式は花婿・花嫁の親族など老若男女に対しての一般常識が必要とされる場で、知らなかったで済まされる事ではありませんので、そんな場で恥をかかないようにする為にも注意が必要です。

 

 

このことは様々な場で、ありですか?なしですか?と議論が交わされている事ですが、やはり十中八九の方がタブーだと考えているという現状があります。

 

中には、この行為に対する意見として

 

  • 花嫁に恨みでもあるのか?
  • 参加者が白いドレスを着て参加するようなもの
  • 結婚式はゲストがファッションショーを楽しむ場ではありません

 

 

などという厳しい意見も多数みられましたので、知らなかったのであればこれらに等しい行為だという事を改めて認識して避けるようにした方が良いと言えます。

 

 

また、プリザーブドフラワーのコサージュについては、「プリザーブドフラワーのコサージュはどれくらい日持ちするの?という疑問」でも軽く触れましたが、生花・プリザーブドフラワーのコサージュがふさわしい場は、自分が主役だったり、主役のいない場・子供の入園式・卒園式などの行事等に使う際にはなんら問題ありません。

 

 

このように、気に入ったものでも、使える場と使わない方が良い場がありますので、プリザのコサージュを選ぶ際には場に相応しいか事前に調べたり、不安に思う場合は店員さんに聞いてみるなどしてから購入するようにしましょう。

 

 

⇒プリザーブドフラワーコサージュAmazon一覧


 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】