発表会 公演 出演者 プリザーブドフラワー 贈る 失礼にならない?

発表会・公演等の出演者にプリザーブドフラワーを贈るのは失礼にならない?

花を贈る機会というのは、お祝いごと・コンサート・発表会・公演など様々なシーンがあります。

 

一昔前でしたら、この時に贈る花と言えば、生花の花束という事が当たり前でしたが、近年ではプリザーブドフラワーを贈るという事も選択肢の一つとして増えて来ています。

 

 

ブリザードフラワーは様々なシーンで利用されていますので、生花同様にどちらかを選ぶという事で特に問題がある事はありません。

 

 

しかし、ブリザードフラワーの事を知らない方に贈る場合は失礼までは行きませんが、誤解のないように注意したほうが良い場合もあります。

 

 

どんな事に注意が必要なのかというと、発表会や公演では花束を贈る際に見栄えも関係して来ますので、値段に関わらず小さいものが多いプリザだと、小さな花と誤解を与えてしまう恐れもありますので、そのあたりに理解がある方なのかどうか・その場に相応しいのかどうかという事も考えて選ぶようにすると良いと思います。

 

他にも、貰ったことの無い方は、プリザの扱いが分からずに困るという事も考えられます。

 

花であって花とは違う部分もありますので、そのあたりも理解を得られそうなのかどうかという事は考えたほうが良いと思います。

 

 

このような事がありますが、実際に贈った事がある方は

 

 

  • 花束だと持ち帰るのが大変だったが、プリザーブドだとコンパクトで持ち運びに便利だと思い選びました。
  • 長く残る花ですので、公演以外にも飾れるものという事を考えて贈りました
  • 綺麗なものがあって、贈りたかったので
  • イメージに合ったものがあったので

 

 

など、プリザーブドを贈りたかった・贈って良かったという意見も沢山あります。

 

 

このように特にどちらを贈っても問題は無いと思いますが、見栄えが良いものの方が良さそうだったり、心配だったら花束を、どちらでも良い・理解が得られそうならプリザーブドフラワをという感じで選べば問題無いと思います。

 

 

最終的には、どちらも花ですので、自分があげたいと思う物を気持ちと共に贈るようにすれば良いと思います。


 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】