ブリザーブドフラワー ウェディングブーケ 相場

ブリザーブドフラワーのウェディングブーケの相場はどれくらいが普通?

ブリザーブドフラワーでウェディングブーケ・ブートニア・ヘッドコサージュなどの制作を依頼する事はあると思います。

 

 

この時にブーケの値段を調べてみると、10,000円〜40,000円と金額には開きがあるという事がわかります。

 

ブーケの種類には

 

  • ラウンドタイプ(半球)
  • キャスケードタイプ(大型ラウンドに逆三角形パーツを固定したもの)
  • ティアドロップタイプ(ラウンドに尻尾がついたもの)
  • オーバルタイプ(ラウンドの楕円形・涙形)
  • シャワーブーケ(ラウンドブーケに細長い茎・蔓・葉を配置してシャワーのようにみせたもの)
  • リースブーケ(リングブーケ・ドーナッツ形)
  • クレッセントブーケ(横幅のある三日月)
  • クラッチブーケ(茎がついている花を束ねたもの、ブーケトスなどに…)
  • アームブーケ(大型・太くて長い茎がある花を束ねたもの)

 

などの種類があります。

 

 

一般的に、ブリザーブドフラワーのウェディングブーケ制作費用は30,000円位が相場だとされていますが、どうしてこれくらいお金がかかってしまうのかという事についてここでは触れてみたいと思います。

 

 

まず、ブリザーブドフラワーブーケの制作には、技術料が必要になります(アレンジ料・デザイン料)

 

これはお店によってバラバラで、数千円から一万円を超える場合など、人によって様々です。

 

次に、材料費があります。

 

ブリザーブドフラワーの花材には様々な産地(国産・フランス産・コロンビア産など)があり、どれを使うかによって値段も変わって来ます。

 

他にも、プリザーブドに向く花や向かない花等もあり、入手困難な希少価値の高いものなどもありますので、花の種類・数によっても金額は大きく変わって来ます。
(※花の種類:ユリ・バラ・カーネーション・ジャスミン・ピンポンマム・カサブランカ・ラン・アジサイ)

 

 

 

また、全て、ブリザーブドフラワーで作るのか、小花・葉など造花を利用するのかなどでコストにも違いが出ます。

 

 

リボンやホルダーなど、資材も、安いものから高いものまで様々なものがありますので、何を使うかによって金額は大きく変わって来ます。

 

 

上記のような違いがありますので、最終的な値段が大きく変わって来る事になります。

 

 

プリザーブドフラワーは、花材自体が結講高くつきますので、例えアレンジの出来る知人に制作を依頼したとしてもそこそこお金は掛かってしまいます。

 

また、コストを浮かせようと自作したりという事も考えるかもしれませんが、プリザーブドの加工からという事になると、技術も必要で、アレンジにも素人では難しい部分がありますので、式などで利用する際にはあまりおすすめは出来ません。

 

自分で作りたいという場合は、プリザーブドフラワー体験教室などで基本的な作り方を学ぶと良いと思います。

 

 

プロが作ったものは、それなりに壊れないように加工がされていたり、綺麗に見えるようにドレス・利用者とのバランスを見て作ったりという事が行われていますので、その辺も技術量に含まれていると思います。

 

失敗しないためにも、イメージがある際にはなるだけ具体的に製作者に伝えるようにするという事も大切です。


 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】