プリザーブドフラワー プレゼント 注意

プリザーブドフラワーをプレゼントする際に注意しておきたい事

プリザーブドフラワーは、枯れない魔法の花として、生花と同じくプレゼントに最適なものとして人気を集めています。

 

一昔前は技術的な問題・コストの問題などもあり、プリザーブドフラワーは高いし微妙だと言っていた方もいましたが、最近では様々な雑誌やメディアで紹介された事や、腕の良いデザイナーも沢山育って来たという事もあり、様々な作品が比較的安価で購入出来るようになった事から、ますます人気を集めています。

 

 

そんなプリザーブドフラワーですが、プレゼントするにはいくつか注意点もありますので、ここではそのことについてふれていきたいと思います。

 

 

プリザーブドフラワーですが、これは生花を加工したものですので、花ではありますが、長く何年も残る花ですので、インテリアという側面も兼ね備えています。

 

 

ですので、プリザーブドフラワーを贈る際には、関係が微妙な場合や、あまり長く思い出に残してもな…という場合はあまり相応しいとは言えません。

 

そういう場合は、形に残らない消えものものを贈る方が無難だと思います。

 

 

形の残らないものの例

 

  • お酒
  • 高級店のお菓子
  • アロマセット
  • 相手の好みのもの
  • バス用品
  • 高級スイーツ
  • デザート

 

など、残らないものが気持ちを贈る際には最適です。

 

 

勿論形の残るもの・残らないものを判断するのは自分の自由ですので、そういう事を気にしないのであれば、自分のあげたいものを贈れば良いと思います。

 

 

また、これも場合にもよりますが、女性が男性にプリザーブドフラワーを贈るというのも、男性に正直な意見を聞いてみると、食べ物や日常生活で身に付けるものなど、実用的なものの方が嬉しいという意見も多くみられました。

 

 

このあたりは、女性と男性の価値観の違いもあると思いますが、男性は女性のように花を愛でる心を持っていないという方が一般的には多いですので、そういった場合はプリザーブドフラワーや花よりも、本当に相手の欲しがる生活で役に立つ必要なものを選ぶと喜ぶと思います。

 

 

これは、性別は関係ない場合もあり、男性が女性に渡す場合でも、花の魅力がわからないという方は、プリザ等を貰ってもリアクションに困ってしまうという事もありますので、このあたりは付き合いが長いのであればしっかりと下調べした上でプレゼントするようにした方が安全です。

 

また、クリスマスプレゼント等であれば、あげたいメインのものにちょっとしたプリザーブドを添えるという方が無難な場合もあると思います。

 

 

特に、一般的に物を贈るシーンであれば、プリザーブドだけだと寂しい感じにもなってしまいますので、こういう風に利用した方がプラスになりより印象にも残す事が出来ると思います。

 

 

プレゼントも相手の事や状況を考えると非常に迷ってしまいますが、迷った事は決して無駄にはならないと思いますので、ここに書いたような事をちょっとだけ意識して選ぶようにすると良いと思います。


 

【⇒プリザーブドフラワーのおすすめショップランキング!】